CodeSign error


iOSアプリの開発もしているのですが、毎回証明書がらみは悩まされます。
今回も壮絶にはまりました。

 開発用証明書の有効期限切れ

appleの管理画面で開発用の証明書を生成して手元のMacに居れないといけないのですが、
有効期限が1年なので、必ず更新作業が発生します。

 

アプリ毎のProvisioning Profile

こちらは、先ほどの証明書を使って、アプリ毎にProvisioning Profileを作成して、
Xcodeにインストールする必要があります。この有効期限も1年。

ことの発端は、両方とも有効期限がきれたために、大変でした。

当然のごとく、両方とも更新してインストール、
キーチェーンアクセスで古い証明も削除して、
実機で動作確認。

CodeSign error: Certificate identity ‘iPhone Developer: XXX (YYY)’ appears more than once in the keychain. The codesign tool requires there only be one.

というエラーが発生。
はて、証明書が重複している?削除したはずなのですが。

キーチェーンアクセスの自分の証明書で確認して見るも、該当の証明書は1つしかない。
途方に暮れそうになる。。。
いくら再起動してみても1つ。でもエラーが表示される。

 

あれこれ検索してみた結果

キーチェーンアクセス内で、「iPhone」で検索し見ると有効期限切れの証明書と2つ出てくる!
なぜ?

有効期限切れの証明書 を削除して、Xcodeを再起動。
エラーが消えた。一段落しました。

未だになぜ残っていたのかが不明です。

Leave a Reply