PHPカンファレンス関西へは参加して、参加しよう


このブログは「PHPカンファレンス関西2014」のリレーブログです。
7日目を担当します。
一つ前のブログは matsuoshiさんのPHPカンファレンス関西、参加されるみなさんのPHP経験年数は?でした。

経験年数が多い人が大多数と思いきや、経験の浅い人も多いですね。

8921494885_5b33226471_c

さて、PHPカンファレンス関西2014も4回目を迎え、スタッフの意気込みも例年にないものとなっております。
どういう意気込みかといいますと、今までは全体ミーティングが2回ぐらいしかありませんでした(笑)

それが、今年は2月から月1回の全体ミーティングを重ね、合計5回のミーティングをおこないました。
最終のミーティングがあと1回残っているので、合計6回になりそうです。前年比300%!

それだけ、セッション内容・カンファレンス自体の内容も濃い物になっております。

オススメは、「PHPでOSSを維持し続けるには」オープンソースソフトウェアとなると、
古いソースとの戦いなわけで、それを捨てる・改善して、どのようにうまれかわってきたのかを、
baserCMS、Drupal、concrete5の中の人に語ってもらいます。
楽しそうですね、ワクワクしてきます。

これだけミーティングができると、今までにない、試みもできたりします。(内容はまだ秘密)

PHPカンファレンス関西2014へは参加して、さらに聞く側だけではなく、参加してください。
TEDそしてTEDx関連のイベントでは、参加者のことをオーディエンス(聴衆)ではなくパーティシパント(参加者)と呼びます。
なぜ我々はオーディエンスではなくパーティシパントと呼ぶのか

PHPカンファレンス関西もボランティアによって運営されています。
スタッフも参加者とカンファレンスの場を共有して盛り上げたいと思っています。

参加のしかたは人それぞれですが、質問する・発表する・体験するなどなど。

セッションの最後には、質問タイムがあったりします。
そこで質問するもよし。

今年も懇親会LTは当日募集します。
ここで発表するもよし。

スピーカーが言っていることを実際に体験するもよし。
皆さんで、参加して盛りあげましょう!

と、一番準備段階で参加している気分の有本がお送りいたしました。

明日のリレーブログは、omoonさんです。
よろしくお願いします。

2 Responses

  1. リレーブログまとめ | PHPカンファレンス関西2014

    […] 1日目:PHPカンファレンス関西2014が開催されます!2日目:2014年 注目すべきPHPフレームワークは? #phpkansai 3日目:PHPカンファレンス関西2014を100%楽しむための下準備4日目:今年のPHPカンファレンス関西は少し違う! 5日目:ブラよろで学ぶPHPカンファレンス関西2014 6日目:PHPカンファレンス関西、参加されるみなさんのPHP経験年数は? 7日目:PHPカンファレンス関西へは参加して、参加しよう […]

  2. PHPカンファレンス関西2014 予習用リンク集 | A Small, Good Thing – blog

    […] 昨日は、有本さんの『PHPカンファレンス関西へは参加して、参加しよう』でした。いい話でしたね。 […]

Leave a Reply